#60BONIQで低温調理! ダイエットにもバルクアップにもオススメ

こんにちは、五反田を中心に活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

今回は低温調理器についてです。

こちらは本気で食事の質が変わるのでかなりオススメです!
中々自炊したいけど手が出ない方やズボラな方にもオススメなんです。

その理由についてまとめます。

低温調理器のメリット

そもそも低温調理器とは何なの?という人もいると思います。

私が愛用しているBONIQ(ボニーク)は低温調理器の中でもメジャーな商品です。

専用のコンテナ、もしくは大ぶりの鍋を用意して水をはり、その中に低温調理器具をいれて温度・時間を設定します。
そしてジップロックに入れた食材を茹でるというのが使用方法となります。
鶏肉はもちろん、牛肉・豚肉・羊肉・魚やレバー、野菜も調理することができます。

ここだけ聞くとなんだかそれだけ?と感じてしまいそうです。
低温調理器は何が優秀なのでしょうか?

味が良い

低温調理のメリットはとにかくこれにつきます。
低温でじっくり時間をかけて熱を通していく為、水分が抜けにくくとてもジューシーな仕上がりになります。
なにも味付けをしなくても鶏胸肉などは食べられるくらい、ジューシーに仕上がります。

一度にまとめて作れる

一度にまとめて作るのも非常に簡単です。

ジップロックに食材をいれて鍋に入れるだけでOKなのでまとめて作って数日分作ることも容易にできます。

鶏胸肉のかたまりを3つくらい鍋に入れて作っても良いですし
設定温度を同じにして作れる食材であれば、調理時間が違う食材でも時間差で途中で鍋から出せば良いので同時に作ることも可能です。

一人暮らしの人や、会社勤めの人は自炊をしようと思っても中々難しいですが
BONIQであれば簡単に作れて、数食分作ることもとても簡単です。

とにかく簡単

繰り返しになってしまいますが、低温調理器での料理はとにかく簡単に作ることができます。
お洒落な調味料も必要ないですし、手の込んだ下準備も必要ありません。
とにかくスーパーで買ってきた肉や魚などの食材をジップロックに突っ込んで入れるだけです。

もちろん凝った料理を作りたい人は、お洒落なソースを作ったり下味をつけてから調理しても構わないのですが、手間を省きたい人はそのまま入れて茹で上がったら取り出して塩をかけるだけでも十分いけます。

高タンパク質の重要性

基本的には低温調理器で調理する場合は、肉類を調理することが多くなるのではないでしょうか。

個人的には鶏胸肉を低温調理することが多く、まとめて3食分作ってしまうことが多いです。

なぜ高タンパクの食事がダイエットやボディメイクにとってよいのか、こちらのブログでも何度かお伝えしていますが改めてまとめます。

DIT(食事誘発性熱産生)が高い

DITとは食事した際に、それを消化吸収する際に発生するエネルギーのことです。
炭水化物や、脂質はDITがかなり低いのに比べて、タンパク質は約30%くらいがDITとしてエネルギーを消費します。
つまり高タンパクの食事は太りにくいということが言えます。

手軽に、かつ美味しくタンパク質を摂ることができる低温調理はダイエットには
かなり向いているということです!

筋肉をつけるには高タンパクの食事が重要

ダイエットにおいて筋肉をつけるということも非常に重要です。
いや私は筋肉をつけたいんじゃなくて脂肪を減らしたいんだ!という人も多いと思います。

しかし、同じ重さであれば1kgの脂肪と1kgの筋肉であれば体積は筋肉の方が小さいんです。

つまり同じ体重・身長の人がいたとすると筋肉が多い人の方が体は引き締まって見えるということです。
特に標準体重以下であるにも関わらず、お腹周りや二の腕などの脂肪が気になる人は筋肉をつけることで痩せて見せることが可能になります。

そのことからも高タンパクが重要なことがわかります。

また、筋肉をつけてバルクアップしたい、筋肉をつけて体のラインをきれいにしてボディメイクしたいという人にももちろんタンパク質は重要です。

どんなに一生懸命トレーニングしたとしても、栄養の摂取が不十分であれば筋肉をつけることは難しくなってしまいます。

かといって毎回コンビニのサラダチキンを食べて飽きてしまったり、自炊がめんどくさくなってしまっては
中々目標は達成できません。

『手軽に』かつ『美味しく』高タンパク料理ができるというのは大きなメリットになります。

サラダチキン

低温調理器を購入してまず作るのはこちらではないでしょうか?(偏見かも。。。)
市販のサラダチキンよりも圧倒的に美味しく作ることができて、鶏胸肉は非常にリーズナブルです。

ちなみに私はとにかく手間をかけずに作りたいので、下味もつけませんし
お洒落なソースも作りません!
塩さえふりません。

調理手順はこうです!

①鍋に水を張って、BONIQをセットします。(温度は63度、時間は45分)

②ジップロックに鶏胸肉を入れて空気を抜きます。
 そのまま鍋にいれてスイッチオン!

③時間になったら取り出して、切り分けます。
 後はクレイジーソルトを適量かけて、オリーブオイルをかけて完成です。

めちゃくちゃ簡単ですね。
調理前に塩をかけると肉の水分が抜けてしまう為、茹でてから調味料を使います。
後調理前に行うのは面倒なので。。。

ダイエット中でカロリーが気になる方は、オリーブオイルを少なめにするか
かけずに食べてもOKです!
カレーに入れたり、他の料理の具材にするのも美味しく食べることができます。

ローストビーフ

こちらもスーパーで売っているやすい牛肉でもかなり美味しく食べることができます。
ヒレ肉か肩ロースを買ってきて、同じようにジップロックに入れて調理するだけです!

①鍋に水を張って、BONIQをセットします。(温度は58度、時間は60分)

②ジップロックに牛肉を入れて空気を抜きます。
 そのまま鍋にいれてスイッチオン!

③時間になったら鍋から取り出して、フライパンで強火で軽く焦げ目をつけます。
後は切り分けて、市販のステーキソースをかけて完成です!

下味つけたり凝ったことをしようと思えばできそうですが、とにかく手間をかけないことに全力を注いでいます笑
市販の焼肉のタレや、ステーキソースで十分美味しくなりますのでそれでOK!

ローストポーク

豚肉でも同じように作れます!
豚肉はビタミンB群が豊富でカロリーが気になるところもありますが積極的に食べていくようにしたいところです。

①鍋に水を張って、BONIQをセットします。(温度は  度、時間は 分)

②ジップロックに豚肉を入れて空気を抜きます。
 そのまま鍋にいれてスイッチオン!

③時間になったら鍋から取り出して、塩コショウやソースをかけて完成!

アルコールのおつまみにしたり、他の料理のトッピングにしても良いかもしれません。
色々とアレンジしてみましょう!

まとめ

書いていて思いましたが、肉の種類が変わってもほとんど調理方法は変わりません。笑

お洒落なレシピサイトであれば、素敵な調味料を使って下味をつけたり、低温調理後にオリジナルソースを作ってかけたりするんだと思いますが、そんなことはしません。

洗い物も増やしたくないですし、一人暮らしの人間にとっては次にいつ使うかわからない調味料や工程が多くなるソース作りなどはしたくありません。

とにかく簡単に、美味しくがテーマです笑

レバーで作ったり、魚や野菜もいけるので是非お試しください。