#52肥満の人が10kg痩せるより、普通体型の人が5kg痩せる方が難しい

こんにちは、五反田を中心に渋谷・新宿・自由ヶ丘など都内で活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

肥満体型の人が10kg痩せるよりも、普通体型の人が5kg痩せる方が難しいというテーマについてお話ししていきたいと思います。

肥満体型・普通体型の定義もありますし、難しい・簡単の定義を決める事もちょっと難しいので少し今回は感覚的な話になってしまいますが、
あの人は○ヶ月で○kg痩せたのに、自分は全然ペースが遅い・・・など
不安に感じている人は是非見てください。

短期ダイエットのビフォーアフターにとらわれすぎるな

昔はあまり見かけませんでしたが、今はライザップをはじめとして各社の短期ダイエットジムのCMや電車内での広告などを見かけるようになりました。

そのような広告は大体が、2ヶ月で-15kg!とか-20kg!のような見出しで打ち出されています。
そしてビフォーの写真には、でっぷりと張り出したお腹を抱えながら暗い表情。
アフターの写真には背筋も伸びて表情も明るくなり、痩せた写真というのがほとんどではないでしょうか。

大体の短期ダイエットを中心に打ち出しているジムのホームページも同様です。

ビフォーの写真は大体かなりの肥満の人が多いのではないでしょうか。
もちろん中には、普通体系程度のビフォーの人もいますが多くは明らかに肥満体の人がビフォー写真に使われています。

『60kgの人が2ヶ月かけて5kg痩せました!』という広告よりも
『100kgある人が2ヶ月かけて20kg痩せました!』という広告の方がもちろんインパクトが強いですよね。

もちろんビジネスとして広告や宣伝を行うわけですからそれ自体が悪いとは思いません。

自分の現在地から考えて何キロ落とすのか考えなくてはいけない。

しかし、そのような広告を真に受けて60kgとか60kgそこそこ程度の体重の女性が、2ヶ月で10数キロダイエットしよう!とか、それを目標にパーソナルジムに行くのはあまりおススメできません。

なぜなら元々の体重が違うからです。
100kgの人にとっての10kgの体重減は、体重のうち10%減少したことになります。

60kgの人の10kgは約16%の体重減少になる訳です。
その時点で難易度が高くなっていることがわかります。

そして当然多くの人の場合、100kgある人の方が脂肪量も多い為
どんどん脂肪が減りやすいとも言えます。

各種の広告の減少した体重だけを真に受けすぎると、
『せっかくダイエットジムに2ヶ月通ったのに、5kgしか痩せなかった。。。』
みたいなことが起きてしまいます。

先ほどの例で考えると、仮に60kgの人が5kg落ちたのであれば、
体重の約10%近くが落ちたことになりますから十分凄い事なんです。
100kgの人が10kg落とすこととさほど変わらないといえます。

しかもパーソナルジムに通いながらであれば多くの場合ウェイトトレーニングも並行して行うはずです。

筋トレ初心者に限って言えば、トレーニング実施時に筋肉が増えながら脂肪は減るということも起こりえますので体脂肪率は体重以上に落ちている可能性もあるんです。

そう考えると、場合によっては2ヶ月で5kg、というのはかなり優秀な結果といえるケースも多いんです。

あなたのBMIはいくつ?BMIから考える

じゃあどれくらいの体重の人がどれくらい落ちたら成功といえるのか。
というと正直人それぞれです。
ただしそういってしまうと身もふたもないのでBMIから考えてみましょう。

BMIとは(Body Mass Index)といって体重と身長から算出される肥満度を示す体格指数です。

要するにこの数値が高ければ高いほど、身長に対して体重が重たいということがわかります。
この数値が高いと肥満傾向にあるといえます。
ただし、あくまでも身長と体重で算出しているだけなので筋肉量などは加味されていません。
筋肉量がかなりおおくて体重が重い人もBMIは高く出てしまいますのでその点は注意しましょう。
筋トレ経験がさほどない多くの方にはそのまま当てはめられるのでそこまで問題にはならないでしょう。

計算式はこちらです。
BMI = 体重kg ÷ (身長m)2
適正体重 = (身長m)2 ×22

電卓で計算しても良いですし、ネットで調べても一瞬で分かるので
自身のBMI調べてみましょう。

ここで出てくるBMIが25以上なら肥満、18.5以下なら痩せすぎ、22が適正体重といわれています。

日本人女性の平均身長は約158cmなので、
62.5kg以上で肥満、46kgで痩せすぎ、55kgで適正体重
となります。

先ほどの項で伝えたような、ダイエットモニターのビフォーアフター写真のような2ヶ月で10kgを超えるような短期ダイエットを目指すような人は少なくともBMIで30を超えてくるような人でなければ、目指さない方が良いでしょう。ちなみに158cmだと75kgくらいの人ですね。

BMIで25前後程度という人は、短期ダイエットで頑張るといっても2ヶ月で5kg程度位を目標に頑張るべきです。

BMI25前後からそれ以下の人は体重だけではなく、体脂肪率も考えるべき

こちらのブログでも何度もお伝えしていますが、過度の肥満でなくダイエットを考えている人は、体重で一喜一憂するのではなく体脂肪率も意識しましょう。

BMIが30を超えてくるような人はある程度体重がおちてくるまでは、体重を落とす事優先でも良いと思います。
ある程度しっかり体重が落ちてきてから、体脂肪率についてなどは考えるべきだと思います。

そうではなくBMI25前後程度のいわゆるちょっとぽっちゃり体型位の人は
体脂肪率も意識するべきです。

多くの場合は、いかにも肥満体型!ではなく薄着になったり服を脱いだ時に、お腹や腕などの脂肪のダブつきが気になるという方が大半だからです。

体重は明らかに多いというわけではないものの、筋肉量が少ない為体脂肪率が高く、隠れ肥満体型という方が多いからです。

そういった方が体重を減らす事だけを追い求めたダイエットを行っても、
なんだかやつれたようになってしまったり、体重は落ちても部位ごとの脂肪感はあまり変わらないというケースがとても多いです。

筋肉よりも脂肪の方が同じ重さあたりなら大きい為、筋肉が少ないとぽっちゃりに見えてしまいます。

BMI25以下の人はしっかり筋トレも取り入れましょう。

まとめ

短期ダイエットが必ずしも悪いとは思いません。
個人的には短期間だからこそ頑張れるという側面もあると思いますし、
短い期間での成功体験を得るということはプラスに働く面も多いと考えます。

しかし、一時的に頑張ってその後継続できないような特殊で過酷なダイエットや、無理のあるダイエットを行っても結局リバウンドをしてしまいます。

そして短期で頑張るとはいえその目標設定が本当に適切なものなのかということも非常に重要です。

巨漢の人にとっての目標設定として良かったとしても、自分自身に当てはまるのかということをしっかり考えてから取り組むべきです。

ダイエットパッケージプランとしてもパーソナルトレーニングを実施しておりますので、話だけでも聞きたいという方は是非お問い合わせください。

編集後期

今日親知らずを2本抜歯したのですが、かなり痛いです。。。
今のところそんなに腫れはないですがこの後腫れてくるのでしょうか。
痛みから食欲がわかない為、意図せず減量できそうです。
早く治ることを祈るばかりです。

パーソナルトレーニングをご希望の方は、五反田エリアを中心に五反田・山手線沿線でのパーソナルジム・レンタルジムでのセッションが可能です。
セッションご希望の方、不明点やご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。お問い合わせはこちら