#54運動すると風邪をひきにくくなるのか?

こんにちは、五反田を中心に渋谷・新宿・自由ヶ丘で活動するパーソナルトレーナーの沖津です。

運動すると風邪をひきにくくなるのでしょうか?
イメージとしてはしっかり運動する人は風邪をひかずに健康なイメージがあります。

結論から言うと、筋トレやスポーツなど激しい運動は免疫を低下させてしまい、運動直後は風邪をひいたり体調を崩しやすくなってしまいます。

それはなぜなのかについて解説していきたいと思います。

激しい運動は免疫を低下させる

人間の体は風邪をひいたりしないように、ウイルスや細菌に抵抗する為の仕組みが備わっています。

その仕組みの中心的存在なのが、白血球という細胞です。

過度に激しい運動や、長い時間にわたる運動の後は白血球が減少してしまう事がわかっています。

白血球の数が運動前のレベルにまで戻るには数時間程度が必要です。

激しい運動や、久しぶりの運動の後には血液中の白血球が減少します。

白血球が減少するということは、免疫機能の低下を意味しています。
なので上記のような運動後はウイルスや細菌に対して非常に無防備であることがわかります。

実は、毎日激しい運動を続けているアスリートは意外に何もしていないひとよりも、風邪をひいたり体調を崩しやすかったりします。

長期的に見ると適度な運動は免疫を向上させる

では健康の為に運動をするのは間違っているのでしょうか。
そんなことはありません。

適度な運動を継続的に実施することは風邪やウイルスに感染しにくくしてくれます。

確かに運動直後は一時的に免疫力を下げてしまいますが、
長期的にみると免疫力は確実に向上します。

筋トレを行って、基礎体温を高めることは免疫力を高める事には非常に効果的ですし、
有酸素運動を行って全身持久力を高めることは防衛体力を向上させる事にもなり、要は体力がついて免疫力が高まります。

あくまでも、激しい運動であったり久しぶりの運動を行った際には免疫力が落ちる為注意が必要ということです。

競技としてスポーツに取り組んでいる人や、趣味であっても高いレベルで
筋トレやマラソン、各種スポーツに取り組む人は特に注意すると良いと思います。

風邪をひかない為の対策

とはいえいきなり取り組んでいる競技や、趣味を辞めるというわけにもいきません。

風邪をひかない為には以下のような対策を是非心がけてみてください!

・練習後、運動後は素早く汗を拭き着替えてシャワーを浴びるなどして体温を下げない
・運動後の栄養補給を素早く行う。吸収の早い糖質を中心に摂取する。
・サプリメントを活用する。
 →サプリメントは、グルタミンとビタミンCを大量摂取することをおススメします!!

・久しぶりの運動時には、追い込まずにほどほどにとどめる・マスクの着用を心がける・手洗い、うがいをこまめに実施する

上記をしっかり徹底して行えば、運動後に一時的に免疫力が下がっても体調を崩したり風邪をひいたりする可能性をぐっと抑えられます。

特に、季節の変わり目や気温が下がり風邪をひきやすい時期には意識して行ってみてください。

まとめ

前職はスポーツクラブの社員でしたが、スポーツクラブのスタッフやフリーのレッスンインストラクターは結構風邪をひきやすいです。

日々レッスンもかなり実施し体力を消耗していますし、レッスン後も掃除や片付けお客様とのコミニュケーションに時間をかけるのですぐにシャワーには入れない事も多いです。
また1日に何百、何千という多くの方が来館される為、それだけ感染するリスクは高くなります。

また、職業柄友人や知人からトレーニングを教えてほしいといわれ一緒にやることもありますが、本人が張り切りすぎてトレーニングをして数日後に体調を崩すなんて言うこともあります。

初めてのトレーニングや久しぶりの運動は、気合が入りすぎて頑張りすぎる傾向があるのでほどほどにするように心がけると良いです。

是非参考にしてみてください!

編集後記

いよいよ一気に気温が下がってきました。
お客様の中にも体調を崩す方が増えてきているので是非参考にしてみてください。
先日抜歯した親知らずが、抜歯後一番今が痛いです。
食事がほとんど摂れないので、当たり前に食事がとれるありがたみを感じています。。。